スキーその他

スキーヘルメットおすすめのランキングTOP10

転倒の際に大切な頭部を守ってくれるヘルメットはスキーでも重要なアイテムです。
競技の際はもちろんですが、高速滑走をする上級者を中心に一般スキーヤーにもヘルメット着用が広がっています。
外国人スキーヤーに特にヘルメット派が多いこともあり、最近ではおしゃれなアイテムとしても注目されつつあるのが現状です。
そんなスキーヘルメットの選び方や、おすすめのヘルメットをご紹介します!

スキーヘルメット選びのポイント

ニット帽派からヘルメットデビューする人にとっては、どんなヘルメットを選ぶべきかわからないことも多いと思います。
そんなスキーヘルメット初心者には、購入の際に是非チェックしてもらいたい点を解説していきます。

ヘルメットのサイズ

ヘルメット選びで一番重要なのはサイズです。
サイズが合っていないと、肝心な時にヘルメットが本来の性能を発揮できないといったことになりかねません。
インナーキャップやニット帽の上から被ることを前提に考え、少し大きめのサイズを選ぶようにしましょう。
ヘルメットによってはサイズ調整機能が付いているものもあるので、そういったモデルを選ぶことをおすすめします。

インナーキャップ脱着に可否

インナーキャップが脱着できるタイプのヘルメットかどうかも確認しておくことをおすすめします。
取り外し可能であれば、インナーキャップだけを丸洗いで洗濯できるので、清潔な状態を保つことができます。

通気性について

ヘルメットの通気性にもこだわることをおすすめします。
天気が良い日や春の時期には頭にもたくさん汗をかくので、通気性の高いモデルを選んでおくと頭部が蒸れにくくなります。
ヘルメットに通気口が空いているタイプで、その穴を塞ぐためのパーツも付属していると雪の日は穴を塞ぐことができるので非常に便利です。

スキーヘルメット人気ブランド紹介

スキーヘルメットの人気ブランドをご紹介します。
板やゴーグルなどとブランドを合わせてみるのもおしゃれでおすすめです。

SALOMON(サロモン)

言わずと知れたフランス発スキー関連商品の人気ブランドです。
板やブーツ、ビンディングなどのイメージが強いかもしれませんが、ヘルメットの品質も抜群で信頼できるメーカーです。

SALOMON(サロモン)スキーヘルメット<2017>QUEST ACCESS(クエストアクセス)

GIRO(ジロ)

アメリカ発のメーカーで、自転車やスキーのヘルメットを中心に、ゴーグルやアパレル商品など幅広く手掛けています。
アメリカのメーカーにも関わらず、アジア人向けの「アジアンフィットモデル」も販売されていておすすめです!

GIRO(ジロ)スキーヘルメット<2017>NINE MIPS(ナイン ミップス)

SWANS(スワンズ)

日本の国産メーカーとして人気の高いスワンズ。
国産メーカーらしく、日本人の頭にもフィットしやすい形状のヘルメットが特徴です。
同じく人気のあるゴーグルとセットで使用することもおすすめです!

SWANS(スワンズ)スキーヘルメット<2017>HSF-130 TISIL

スキーヘルメット おすすめランキングTOP10

数多く販売されているスキーヘルメットの中から、特におすすめのモデルTOP10をご紹介していきます!
購入の際には是非参考にしてみてください。

【1位】SWANS(スワンズ)スキーヘルメット<2017>HSF-130 TISIL


SWANS(スワンズ)スキーヘルメット<2017>HSF-130 TISIL

余裕のある幅広形状が日本人の頭に抜群にフィットするスタンダードモデルです。
PCマイクロシェル構造により軽量性も実現し、オールラウンドに活躍してくれるヘルメットです。

【2位】GIRO(ジロ)スキーヘルメット<2017>NINE MIPS(ナイン ミップス)


GIRO(ジロ)スキーヘルメット<2017>NINE MIPS(ナイン ミップス)

人気の高いNINEシリーズの最新モデルです。
アジアンフィットモデルなので日本人に頭にもピッタリで、MIPSの搭載など軽量スタイリッシュなヘルメットに仕上がっています。

【3位】SALOMON(サロモン)スキーヘルメット<2017>QUEST ACCESS(クエストアクセス)


SALOMON(サロモン)スキーヘルメット<2017>QUEST ACCESS(クエストアクセス)

人気のQUESTシリーズの新作ヘルメットです。
これまでのQUESTシリーズの安全性能を保ちつつ、ダイアル式のフィットコントロール機能に切り替えが行われたミッドモデルヘルメットとなっています。

【4位】UVEX(ウベックス)スキーヘルメット<2017>p1us


UVEX(ウベックス)スキーヘルメット<2017>p1us

開閉式ベンチレーションやリームバブルライナーでヘルメット内を快適にしてくれます。
サイズ調整システムも付いているので安心のモデルです。

【5位】GIRO(ジロ)スキーヘルメット<2017>NINE.10(ナインテン)


GIRO(ジロ)スキーヘルメット<2017>NINE.10(ナインテン)

GOROの人気シリーズ「NINE.10」のアジアンフィットモデルです。
インフォームフィットシステムの採用や、Weather Strip Vent Shieldが自慢となっているモデルです。

【6位】SALOMON(サロモン)スキーヘルメット BRIGADE


SALOMON(サロモン)スキーヘルメット BRIGADE

絶大な人気を誇るベストセラーモデルのフリースタイルヘルメットです。
オーディオイヤホンを内蔵できるポケット付のイヤーパッドや、インナーを外せばビーニーの上からでも被ることもできるなど、嬉しい機能も満載です。

【7位】SMITH(スミス)スキーヘルメット<2017>Pivot(ピボット)


SMITH(スミス)スキーヘルメット<2017>Pivot(ピボット)

高耐久で低重心の設計となっているモデルです。
洗練されたデザインと複数回の衝撃に対応する頑丈な構造を併せ持つ頼りがいのあるヘルメットです。

【8位】SWANS(スワンズ)スキーヘルメット<2017>HSF-150


SWANS(スワンズ)スキーヘルメット<2017>HSF-150

「boaクロージャーシステム」の採用で頭部を全体的にしっかりとホールドできるようになった新機構ヘルメット。
開閉式のエアインテークにより、ワンタッチで外気をヘルメット内へ取り入れることができ頭部の蒸れを防ぎます。

【9位】GIRO(ジロ)スキーヘルメット<2017>LEDGE MIPS(レッジ ミップス)


GIRO(ジロ)スキーヘルメット<2017>LEDGE MIPS(レッジ ミップス)

GIROのニューモデル「LEDGE」はクリーンなスケートルックスが特徴的です。
丈夫なハードシェル構造に抜群の通気性、取り外しも可能なAuto Loc 2 フィットシステムと機能性の高いヘルメットです。。

【10位】SALOMON(サロモン)スキーヘルメット HACKER C. AIR


SALOMON(サロモン)スキーヘルメット HACKER C. AIR

超軽量なインモールドシェルにベンチレーション機能を搭載することにより、長時間でも快適な滑りを楽しむことができます。
特にヘルメットは浅めに被りたいという人におすすめです。

ピックアップ記事

  1. NOVEMBER スノーボード板2016-17ランキング!ATなど

関連記事

  1. スキーその他

    スキーゴーグル【スミス】ランキングTOP10

    スキー場では吹雪や紫外線から目を守るためゴーグルを着けることが一般的で…

  2. スキーその他

    【定番のオークリー】スキーゴーグルランキングTOP10

    スキー場でゴーグルは欠かせないアイテムですが、今回は数あるスキーゴーグ…

  3. スキーその他

    軽量スキーヘルメット【2016-17】ランキングTOP5(メンズ・レディース)

    スキーヘルメットの種類はたくさん存在し、それぞれに異なる特徴を持ち合わ…

  4. スキーその他

    ウベックス(uvex) スキーヘルメット【2016-17】ランキングTOP10

    最近ではスキー場でもヘルメットを被って滑る人が増えてきただけに、日本で…

  5. スキーその他

    GIRO スキーヘルメット【2016-17】ランキングTOP10

    スキーヘルメットを開発しているメーカーは数多く存在しますが、その中でも…

  6. スキーその他

    人気のスキーゴーグルランキング!オークリーやスミスなど

    雪山で目を守ってくれるのがスキーゴーグルです。スキーゴーグルは雪山…

おすすめの記事

  1. キッズウェア

最近の記事

  1. 未分類

    白馬のおすすめ人気スキー場。初心者・中級者・上級者別で紹介!
  2. スキーその他

    【定番のオークリー】スキーゴーグルランキングTOP10
  3. スキーウェア

    デサント スキーウェア【2016-17】ランキングTOP5(メンズ・レディース)…
  4. スキーその他

    ウベックス(uvex) スキーヘルメット【2016-17】ランキングTOP10
  5. スキーその他

    GIRO スキーヘルメット【2016-17】ランキングTOP10
PAGE TOP