キッズ・ジュニアグッズ

ジュニア・子供向け!スキー板 おすすめランキングTOP10

子供を連れてスキーを楽しみたい人も多いと思いますが、子供用スキー板の選び方にはどのような特徴があるのでしょうか。
ジュニア・子供向けスキー板の選び方や、おすすめのスキー板をご紹介します。

ジュニア・子供向け スキー板選びのポイント

子供向けスキー板の選び方には、大人用とは少し違う基準があります。
特に身長によって選ぶ板の長さが変わってくるので、自分の子供の身長を考慮して選ばなければなりません。

長さの選び方

スキー板を選ぶ際にまず大切になってくるのが板の長さです。
基本的には大人用と似た基準ですが、少し違うのは身長によって基準が変わることです。
小さなお子さんほど取り回しが楽な短めの板がおすすめとなります。

【身長110cm以上】
身長が110cm以上ある子供の場合、スキー板の長さは身長から「-10cmから0cm」がひとつの目安となります。
例えば身長110cmのお子さんであれば、板の長さは100~110cmがおすすめとなります。

【身長110cm未満】
身長が110cm未満の場合は、身長から「-10cmから-15cm」が目安です。
身長100cmのお子さんであれば、85~90cmの板がおすすめとなります。
小さなお子さんほど、より楽に扱える短めの板がいいですね。

これらの長さの基準は絶対ではなく、あくまでも目安です。
一番大切なのは、お子さんが滑りやすいと感じる長さを探してあげることです。
子供は身長が伸びるのも早いので、長く使うことを考えるとあえて身長と同じくらいの長さを選んでおくというのも良いでしょう。
短すぎるよりは少し長く感じるくらいのほうがスピードコントロールは楽なので、変なクセが付きにくいという利点もあります。

ブランド品かノーブランドか

スキー板を選ぶときに、少し高くてもブランド品を選ぶべきか、安いノーブランド品を選ぶかで悩むこともあると思います。
どちらにしても滑りやすいことが一番ではありますが、子供の場合成長が早いのですぐに板が短くなってしまい、買い換えるペースも早くなってしまいます。
使えなくなったときに板を売ることまで考えると、ブランド品を買っておいた方がいいでしょう。
ノーブランドの場合、中古として売りたいときにほとんど値段がつかない覚悟が必要です。
そう考えると、長い目で見れば多少高くてもブランド品を買っておいた方が結果的にはお得だといえます。

スキー板 おすすめランキングTOP10

ジュニア・子供向けのおすすめスキー板をランキングでご紹介します!

【1位】VOLKL(フォルクル) 19 RTM JUNIOR + 4.5vM JR

フォルクル(VOLKL) ジュニア スキー板ビンディング付 19 RTM JUNIOR + 4.5vM JR 118469/6162S1VA

ジュニアスキーヤーの技術上達のために設計された、オールラウンドに対応可能なスキー板です。
軽量で操作性が高いため、子供にも扱いやすいモデルでおすすめです。

【2位】HEAD(ヘッド) WORLDCUP REBELS I.GS RD TEAM + JUNIOR RACE PLATE RDX + EVO 9 AC JR. RACE

HEAD<2019>WORLDCUP REBELS I.GS RD TEAM + JUNIOR RACE PLATE RDX + EVO 9 AC JR. RACE

より技術を上達させた子供向けのスキー板です。
操作性の高さからエアパフォーマンスも行いやすくなっており、さまざまな技を身につけたい人におすすめです。

【3位】VOLKL(フォルクル ジュニアスキー板)<2019>CHICA JUNIOR vMOTION + 4.5 vMOTION JR.

VOLKL<2019>CHICA JUNIOR vMOTION〔チカ ジュニア vモーション〕 + 4.5 vMOTION JR.

可愛らしいガールズデザインのこちらのモデル。
性能は通常モデルと変わりませんが、可愛らしい板がスキー全体の楽しさを底上げしてくれるため、女の子には非常におすすめのスキー板です。

【4位】OGASAKA(オガサカ)ジュニアスキー板 J-1 + チロリア SLR 7.5AC

 OGASAKA SKI(オガサカスキー)≪TCシリーズ≫「TC-JS」+チロリアSX10 Race Plate Junior 11.5付

独自のノウハウを使用しジュニア技術戦ように開発されたモデルです。
上位機種から受け継いだ操作性と安定性は、ショートターンにこそ真価を発揮します。

【5位】OGASAKA <2019>TC-JUNIOR  TC-JL + SX10 + Race Plate Junior 11.5

OGASAKA〔オガサカ ジュニアスキー板〕<2019>TC-JUNIOR〔ティーシージュニア〕 TC-JL + SX10 + Race Plate Junior 11.5

初心者から上級者まで幅引く使用できるこちらのモデル。
足元のグリップ力が高いため、高速でも姿勢が安定し操作がしやすくなっています。

【6位】ROSSIGNOL FAMOUS Junior (XPRESS JR)140-150 + XPRESS JR7

ROSSIGNOL ロシニョールFAMOUS Junior (XPRESS JR)140-150 + XPRESS JR7金具セット

可愛らしいデザインからは見えない、力強いターンが特徴的なこちらのモデル。
ジュニア世代の著しい成長力を手助けするように、誰にでも扱いやすくなっています。

【7位】4FRNT (フォーフロント)GROM JUNIORシリーズ フリースタイルスキー

4FRNT フォーフロントGROM グロムJUNIORシリーズ 

スタンダードな構造が特徴的なスキー板です。
操作性や安定性など扱いやすい板ですので、入門板としてもおすすめです。

【8位】ROSSIGNOL HERO JUNIOR MULTIEVENT

ROSSIGNOL ロシニョール 18-19 スキー 2019 ヒーロー ジュニア HERO JUNIOR MULTIEVENT (XPRESS JR 7金具付き)

パワー伝達に優れたデュアルキャップ&ウッド構造で、わずかな力でも板を思うように操作できます。
さまざまなシーンに対応できるため、スキーの基礎技術を身に着けたい初心者にもおすすめです。

【9位】VOLKL(フォルクル)RACETIGER JUNIOR vMOTION + 4.5 vMOTION JR.

VOLKL〔フォルクル ジュニアスキー板〕<2019>RACETIGER JUNIOR vMOTION〔レースタイガー ジュニア vモーション〕 + 4.5 vMOTION JR.

チップロッカーを採用することで、ジュニアスキーヤーの上達を促すこちらのモデル。
ターンの入りすさが安定することで、思い通りの走りを可能にしてくれますよ。

【10位】OGASAKA ジュニア用スキートライアン「G-JUNIOR」+金具チロリアSLR7.5AC(WT)

オガサカOGASAKAジュニア用スキートライアン「G-JUNIOR」+金具チロリアSLR7.5AC(WT)

より高速での滑走を楽しみたい、レーサーを目指す子へおすすめのスキー板です。
体への余分な負担や負荷がかからないように設計、開発されているため、滑走中の負担も大きく軽減させてくれます。

ピックアップ記事

  1. NOVEMBER スノーボード板2016-17ランキング!ATなど

関連記事

  1. スキーグッズ

    【最新】2019スキー板 おすすめランキングTOP10

    スキー歴がまだ浅く、板の購入に慣れていない人はどんな板を選べばいいのか…

  2. スキーグッズ

    スキーヘルメットおすすめのランキングTOP10

    転倒の際に大切な頭部を守ってくれるヘルメットはスキーでも重要なアイテム…

  3. キッズ・ジュニアグッズ

    オシャレで安全性抜群!スノーボードキッズ用ヘルメットを失敗しない選び方

    スノーボードは大人だけでなく、最近では小さな子供が楽しむ姿もよ…

  4. キッズ・ジュニアグッズ

    最新型ベビー用スキーウェア【2016-17】ランキングTOP5(メンズ・レディース)

    スキー場ではたくさんの若者が滑りを楽しんでいますが、その若者たちの中に…

  5. キッズウェア

    キッズ・ジュニアグッズ

    キッズ スノーボードウェアおすすめランキング(メンズ用・レディース用)

    スキー場ではオシャレなスノーボードウェアを着ている子供たちをたくさん見…

  6. スキーグッズ

    【定番のオークリー】スキーゴーグルランキングTOP10

    スキー場でゴーグルは欠かせないアイテムですが、今回は数あるスキーゴーグ…

ボード用品 おすすめ記事

スキー用品 おすすめ記事

  1. キッズ・ジュニアグッズ

    キッズ スノーボードセットおすすめランキング(メンズ用・レディース用)
  2. スキーグッズ

    スキーヘルメットおすすめのランキングTOP10
  3. スノーボードグッズ

    K2 スノーボード板2019ランキング!WWWなど
  4. スノーボードグッズ

    オシャレで可愛い!スノーボードレディース用ヘルメット おすすめの選び方
  5. キッズ・ジュニアグッズ

    オシャレで安全性抜群!スノーボードキッズ用ヘルメットを失敗しない選び方
PAGE TOP