スノーボードグッズ

スノーボードワックスでおすすめ商品ランキング10選

スノーボードはワックスを塗ることでスピードが出やすくなったり滑りやすくなるというメリットがあります。
しかしスノーボードワックスにもたくさんの種類があり、どのように選べばいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。
今回はそんなスノーボードワックスの選び方や、おすすめのワックスをご紹介します!

有名ワックスブランド

スノーボードワックスにもたくさんの種類があり、どこのワックスがいいのか悩むこともあると思います。
しかし人気のあるワックスブランドとなると絞られてくるので、悩んでいるのであればまずは人気ブランドのワックスを試してみるのも良いのではないでしょうか。
特に人気のあるワックスブランドを3つご紹介するので、参考にしてみてください。

マツモトワックス

東京にある「マツモトワークス」が立ち上げたワックスブランド。
スノーボードワックスでは広く支持される定番の人気ブランドです。
初心者には使い勝手の良いワックスセットがおすすめです。

ガリウム

仙台の人気ワックスブランド「ガリウム」は、ワックスの種類も豊富でフッ素配合など高性能なワックスが売りのブランドです。
メンテンスにこだわりのある人におすすめなブランドですが、初心者でも使いやすいワックスセットがあるので安心です。

カシワックス

近年特に人気があるのが「カシワックス」です。
融点が低いことでワックスが塗りやすく剥がしやすいことが好評となっています。
初心者から上級者まで幅広くおすすめできます。

ワックスを選ぶときのポイント

品質の良いワックスはたくさんありますが、具体的にどのようなタイプのワックスを選べば良いのでしょうか。
知識があるベテランライダーであれば自分に必要なワックスをすぐに判断することができますが、初心者など知識がない人にとってはワックス選びは大変です。
そこで、まずはワックス選びで必要な基礎知識を知っておきましょう。

液体ワックスと固形ワックスの違いを知ろう

スノーボードワックスは液体や固形、粉、スプレーなど複数のタイプに分かれています。
その中でもメインとなる液体ワックスと固形ワックスの違いについてまずは知っておきましょう。

【液体ワックス】
その名の通り液体タイプのワックスで、滑りが良くなりスタートの加速などに効果を発揮します。
オールラウンドに使用可能なので、1シーズンに1~2回しか滑りに行かないような人におすすめです。
一方で液体ワックスの難点は、効果の持続性が低いことだといえます。

【固形ワックス】
ロウのように固まっているタイプのワックスです。
様々な用途に使用できますが、アイロンで柔らかくして使用することになるため、多少手間がかかります。
固形ワックスは雪温度によって使い分けることになりますが、持続性が高いことがメリットだといえます。

硬いワックスと柔らかいワックスの違いは?

スノーボードワックスには硬いワックスと柔らかいワックスが存在します。
基本的には雪温度が高いときには柔らかいワックスを使用し、低いときには硬いワックスを使用します。
これらの違いも知っておくとワックス選びに役立つでしょう。

【硬いワックス】
硬いワックスは撥水性が低く、雪の結晶が刺さりにくいことが特徴です。
汚れにくく、ワックスが落ちにくいという特性もあります。

【柔らかい】
柔らかいワックスは撥水性が高く、雪の結晶は刺さりやすい傾向にあります。
硬いワックスとは逆で、汚れやすくワックスが落ちやすいことが特徴です。

万能型のオールインワンワックス


TOKO トコ NF オールインワンワックス

いろいろと考えるのが面倒だと感じる人は万能型のオールインワンワックスがおすすめです。
ぎりぎりのスピードを競うような競技向きではありませんが、普通に滑るだけであればオールインワンワックスだけでも十分に活躍してくれます。
特別なこだわりがないのであれば、このタイプのワックスを選択しておくと使い勝手が良く非常に便利です。

スノーボードワックスでおすすめ商品ランキング

多くのスノーボードワックスの中から、特におすすめの商品TOP10をご紹介します!
ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

【1位】GALLIUM(ガリウム) GENERAL(ジェネラル) Fセット(100ml)


GALLIUM(ガリウム) GENERAL(ジェネラル) Fセット(100ml)

GENERAL・F100とミニクリーナーが付いたトラベルセット商品です。
充実したセット内容で、これだけ持っていればひとまず安心できます。

【2位】ドミネーターワックス RENEW PURPLE(400g)


ドミネーターワックス RENEW PURPLE(400g)

購入したばかりの新しい板や滑走後の手入れ、ベースクリーニングなどに効果的なワックスです。
柔らかい成分と硬い成分をミックスさせた独特なワックスです。

【3位】マツモトワックス BLACKLINE TOP-5 SPRING SNOW 90g


マツモトワックス BLACKLINE TOP-5 SPRING SNOW 90g

晴雪コンディションに効果的なフッ素高配合スペシャルワックスです。
シャバ雪や汚れ雪にバッチリ対応します。

【4位】GALLIUM(ガリウム)2WAY CLEANER SW2104(420ml)


GALLIUM(ガリウム)2WAY CLEANER SW2104(420ml)

滑走面に付いた汚れや古いワックスを落としつつベースワックスを塗ることもできる使い勝手の良いクリーナーです。

【5位】SWIX(スウィックス) CERA NOVA Category 1-HVCリキッドワックス FC80L


SWIX(スウィックス) CERA NOVA Category 1-HVCリキッドワックス FC80L

フッ素100%入りの固形タイプワックスとなります。
どこでも簡単にワックスを塗れるスタート&アクセルワックスです。

【6位】Kashiwax(カシワックス)Special Set/250g


Kashiwax(カシワックス)Special Set/250g

フリーランの滑走やレース用での下地ワックスです。
雪質によって自動的に硬さが変わるという独自の性能をもつ天才的なワックスだといえます。

【7位】TOKO(トコ) スノーボードワックス 全雪質対応 オールインワン 120g


TOKO(トコ) スノーボードワックス 全雪質対応 オールインワン 120g

全天候・全雪質対応の万能型オールインワンワックスです。
初心者でも使いやすいワックスとしておすすめです。

【8位】マツモトワックス Over The BB Small/Blue


マツモトワックス Over The BB Small/Blue

ベース作りや滑走用にも使用可能なパラフィン系のワックスとなります。
滑走面へのなじみも良いので下地作りとしても活躍します。

【9位】GALLIUM(ガリウム)スノーボードワックス 滑走バイオレット SW2125


GALLIUM(ガリウム)スノーボードワックス 滑走バイオレット SW2125

フッ素低含有パラフィンワックス。
全雪質対応のホットワックスですが、特に湿雪に抜群の効果を発揮してくれます。

【10位】SWIX WAX(スウィックス) ワックス LF(フッ素ワックス)180g


SWIX WAX(スウィックス) ワックス LF(フッ素ワックス)180g

トレーニング用としてだけでなく、使いようによってはレース用としても使用可能なワックスです。
低温度や低湿度のときにレース用として使用すると効果抜群です。

ワックスセットをお探しの方へ

ワックスだけでなく、ブラシやリムーバー、アイロンなどとセットになったワックスセットのランキングは下記ページにてご紹介しています。

→ スノーボードワックスセットでおすすめ商品ランキング10選

ピックアップ記事

  1. NOVEMBER スノーボード板2016-17ランキング!ATなど

関連記事

  1. スノーボードグッズ

    SCOOTER スノーボード板2016-17ランキング!SCTなど

    スノーボード板のブランドは数多く存在しますが、今回は「SCOOTER」…

  2. スノーボードグッズ

    オガサカ スノーボード板2016-17ランキング!CTやFCなど

    オガサカ(OGASAKA)はスキーやスノーボードをする人にとっては定番…

  3. スノーボードグッズ

    【フラックス/FLAX】スノーボードビンディングの人気ランキング

    スノーボードのビンディングブランドはいくつもありますが、その中でも今回…

  4. スノーボードグッズ

    スノーボードブーツ人気ブランド(メーカー)一覧!サロモンやバートンなど

    スノーボードブーツは多くのメーカーで開発され、ブランド商品として販売さ…

  5. スノーボードグッズ

    オシャレで可愛い♪レディース用スノーボード板ランキングTOP10

    スノーボードは男性だけでなく女性でも楽めるスポーツです。最近ではス…

  6. スノーボードグッズ

    バートン(BURTON) スノーボード板2017ランキング!

    スノーボード用品のブランドとして不動の地位を築いているバートン(BUR…

ボード用品 おすすめ記事

スキー用品 おすすめ記事

  1. スノーボードグッズ

    オシャレで可愛い!スノーボードレディース用ヘルメット おすすめの選び方
  2. スキーグッズ

    【最新】2017スキー板 おすすめランキングTOP10
  3. キッズ・ジュニアグッズ

    最新型ジュニア用スキーウェア【2016-17】ランキングTOP5(メンズ・レディ…
  4. スノーボードグッズ

    スノーボードビンディングの失敗しない選び方や角度セッティング方法
  5. ゲレンデレポート

    日帰りOK!関東圏のスキー場ランキングTOP10
PAGE TOP